九州女子大学付属 鞍手幼稚園
アクセス 学園紹介 学校評価 フェースブック
トップページ 園長挨拶 教育方針 園の紹介 入園案内 未就園児教室 アルバム

学校評価


令和2年度の教育活動等に関する学校評価

基本目標: 1)保育内容の充実、 2)大学・地域との連携、 3)幼稚園運営の強化
九州女子大学付属鞍手幼稚園
No. 基本
目標
[具体的施策] 業務事業 今年度の取組に対する自己評価 学校関係者の評価
1





[幼稚園教育の質の向上]
職員一人一人のスキルを上げるための計画的な研修の実施と実践的な報告会の実施
昨年度の研修資料をもとに職員の計画的な研修計画を立てたものの、コロナによる研修の中止が相次ぎ、計画通りの運用はできなかった。オンライン研修などを積極的に取り入れ、職員の質の向上を図っていった。 感染拡大状況に応じて研修の開催が変更になることが今後も予想されるので、オンライン研修の環境をしっかりと整備しておくことは大切だと思う。
2 [園の特色を生かした教育課程の編成]
年間指導計画における幼稚園周辺の自然環境を取り入れた保育の編成と実施
休園により1学期に予定していた園外保育を実施することができなかった。2学期以降も公共施設では入場制限などが設けられていることがあったため、コスモス畑やバナナ農園など地域の屋外へのお散歩などの活動を積極的に取り入れていった。 子ども達もお散歩や園外保育は毎回楽しみにしている。特に海遊びができてよかった。自然との触れ合いを日常的に取り入れているところが、鞍手幼稚園の特徴の一つだと思う。
3







[学園設置大学との連携の充実]
学生や大学教員との連携企画の円滑な実施
幼稚園の休園と大学の学外活動の自粛により学生参加の活動はほぼ実施することができなかったものの、例年行っている体力測定の通知には専門家の分析を取り入れたものを提供することができた。 親の視点から見て、大学の専門家の方からの職員の指導などがあれば興味があるので聞いてみたい。
4 [地域との交流の推進]
地域の施設との連携強化、ならびに附属幼稚園間での連携・交流の強化
園児の施設への訪問はできなかったものの、職員が園児からのプレゼントを渡したり、各施設の様子を写真で園児に伝えたりすることで、一定の連携を継続することができた。大学附属としてコロナ禍での体制を3園共有して整えることができた。 現状では高齢者がいる施設との交流は完全にできないので、交流の持ち方に工夫をしていく必要がある。
5






[園児募集・広報の強化]
計画的な未就園児教室の開催、並びに成果分析・改善の実施
昨年度の反省をもとに年間の活動の再編成を行った。休園により1学期は実施できなかったものの、2学期からの再開を近隣市町村の公共施設にてお知らせしていったことで安定的な参加者の確保につなげることができた。 入園前に来園できる機会は重要だと思う。感染防止のため今年はできなかった園児との交流もできるようになることも期待したい。
6 [安全対策の徹底]
安全、衛生点検体制の強化と職員の危機管理意識の強化
感染症対策として1学期に全園舎の除菌、抗菌作業を行い、食事用のパーテーションを導入した。全園児での集会ができない中でも、園内放送を使ってのクラスごとの避難訓練を実施することができた。 感染症対策では前例がないこともあり、職員一人一人のアイデアや地道な努力が教育現場を支える力となっていることを実感した。

 

 

ホーム 園長挨拶 教育方針 園の紹介 入園案内 未就園児教室
アルバム アクセス 学園紹介 スケジュールカレンダー お申込み用紙 フェースブック
プライバシーポリシー          

九州女子大学附属 鞍手幼稚園  
〒807-1313
福岡県鞍手郡鞍手町新北1111
TEL:0949-42-0185 FAX:0949-42-0183

 
CopyrightⒸ Kurate Kinder. All rights reserved.